TOPICS

Olaのお料理レシピ

岡崎医療株式会社では2月から生活支援サービスOlaを開始しました。(詳しくは → http://www.okazaki-iryo.jp/ola/ )

Olaは、お忙しい方やご病気の方が日常生活の中でいろいろやりたいと思っていてもなかなかできないことをお手伝いさせていただくサービスです。

たとえば、お掃除、お片付け、お料理、お買物や病院への通院等をサポートさせていただきます。

今回は、お料理作りのお手伝いをさせていただくスタッフから、この時期おいしい大根を使った厳しい寒さを乗り越えられるレシピをご紹介します。

立春を過ぎたとは言えまだまだ寒い時期が続きます。ぜひお試しください。

冬の大根レシピ

 大根は消化酵素のアミラーゼを豊富に含み、食べ物の消化をたすけるとともに腸の働きを良くしてくれます。また、焼き魚の焦げた部分に含まれる

発がん性物質の解消をはじめ、高い解毒作用もあります。

 大根の辛味成分のアルカリ化合物にも胃液の分泌を高めて消化を促進する働きが認められ胃には心強い味方になります。

 ビタミンC、B2も豊富で鉄分、カルシウムを含み低カロリーのため美肌効果など女性にありがたい食材でもあります。

 葉付きのまま保存しておくと栄養価が下がるため切り落として保存します。

 冬の大根は夏に栽培される大根と品種も異なり、寒さにより水分を減らして糖分を増やしていくので甘くなりおいしくなります。

大根の上部 甘みがあり生でサラダなどに。消化酵素のアミラーゼは熱を加えると壊れてしまいます。この部分は大根おろしが最適です。
大根の中央部 やわらかく、味が滲みこみやすい部分です。煮物に最適な部分です。
大根の下部 辛味を生かして薬味の大根おろし。また、水分も少ないため、炒め物やみそ汁の具に合います。その場合、大根をゴマ油で炒めるとコクがでます。

◎ 和風ポトフ(4人前)

 材 料

    ・ 鶏もも肉 1枚 ・ 玉ねぎ 1/2個 ・ 大根 300g ・ にんじん 120g ・ 里いも 8個 ・ 白菜 適量

 ・ れんこん 120g ・ きのこ類 適量 ・ 鰹昆布だし 1.5ℓ ・ 塩 少々 ・ ゆずこしょう

  ① 鶏肉は一口大に切り、塩こしょうする。

  ② 野菜は洗って皮をむき、一口大に切る。

  ③ 鍋に油をしいて鶏肉を炒める。

  ④ ③に鰹昆布だしを加え、里いも以外の根菜を加え煮る。

  ⑤ 根菜が柔らかくなったら里いもと他の野菜も加え、煮込む。

  ⑥ 里いもが柔らかくなったら塩で味を調える。

  ⑦ お好みで柚子こしょうを。

DSC_0160.jpg

 

◎ 大根もち(5枚分)

 材 料 

 ・ 大根 150g ・ さくらえび 8g ・ 万能ねぎ 適量 ・ 白玉粉 40g程 ・ 片栗粉 大さじ1 ・ 塩 ひとつまみ 

 ・ しょうゆ 小さじ1/2 ・ ごま油 少々

  ① 大根はすりおろす。

  ② ①にさくらえび、ねぎ、白玉粉、片栗粉、塩、しょうゆを加えて丸く成型する。(白玉粉で固さを調節する。)

  ③ フライパンにごま油をしいて②を中火で焼く。両面カリッと焼きつける。

◎ だいこんとささみのしょうがスープ(4人前)

 材 料

 ・ 大根 300g ・ 大根の葉 適量(刻んで下ゆでしておく) ・ 長ネギ 1/8本 ・ しいたけ 2個 ・ しょうが ひとかけ

 ・ 鶏ささみ 2本 ・ 塩、酒 少々 ・ 片栗粉 小さじ1 ・固形コンソメ 2個 ・ 水 600CC  ・ しょうゆ 少々

  ① 大根はいちょう切り、長ネギ、しいたけは細切り、しょうがはみじん切り、鶏ささみはそぎ切りに切る。

  ② 鶏ささみに酒、塩で下味をつけ、片栗粉をまぶしておく。

  ③ 鍋に水、コンソメ、大根を入れやわらかくなるまで煮る。

  ④ ささみを一切れずつ入れ、肉に火が通ったら、しいたけ、ねぎ、しょうがを加え、しょうゆで味を調える。

  ⑤ 仕上げに大根の葉をのせる。 

ドクターアドバイス
エコアクション21
循環器病解析
絆の森
岡崎医療

本社: 〒990-0025
山形市あこや町三丁目4番3号
TEL 023-623-0546


Copyright 2016 OKAZAKI MEDICAL CO., LTD. All rights reserved